アーティスト紹介

テレビドラマ「1リットルの涙」「黒革の手帖」の音楽や「神戸ルミナリエ」会場演出用音楽長野オリンピック公式楽曲「Winter Flame」などを手がけています。

作曲家/サウンドプロデューサー上田 益

Susumu Ueda

1956年 大阪生まれ。
  • 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。作曲家・廣瀬量平氏に師事。
1980年
  • 京都音楽協会賞受賞。文化庁芸術家国内研修員に選出され、3年間、東京において研鑽を積む。
1980年~1982年
  • 作曲家・廣瀬量平氏のアシスタントとしてテレビ、ラジオ、映画など多数の音楽制作を経験。NHK教育テレビ「みんなの世界~ことりたちの四季」の音楽を担当。
1983年
  • 関西を拠点に本格的な創作活動を開始。この年から3年間、京都新聞・音楽芸術総合センター企画開発室の中心スタッフとして、カルチャースクールの講座や幼児教育プログラムの企画開発、イベントの企画立案に従事。第1回上田益作品展(リサイタル)を京都にて開催。
1985年
  • 世界的に著名な造形作家「新宮晋」氏の依頼により、新宮氏の作品映像用音楽の作曲を以後10年に渡り担当。この年から3年間、京都の夏の風物詩「祇園祭」の期間に地元企業とのコラボレーションで、コンサート「祇園祭クラシックライブ」をプロデュース。
1986年
  • 第2回上田益作品展(リサイタル)を京都において開催。
1989年
  • 福井市制100周年記念式典の音楽を担当。以後199年に活動拠点を東京に移すまで、関西を拠点にテレビおよびラジオのCM音楽を多数手がける。
1994年
  • 広島アジア競技大会「開会式」「閉会式」のパフォーマンス音楽を担当。この年の秋に創作活動の拠点を東京に移す。
1998年
  • 長野オリンピック・公式楽曲「WINTER FLAME」を作曲。
1999年
  • 光の彫刻「神戸ルミナリエ」会場演出用の音楽を担当。現在までルミナリエのための作曲を毎年続けている。以後テレビの番組用音楽をはじめ、ドラマ、アニメ、イベントなど様々なジャンルにおける創作活動を行なっている。(詳細は「上田益・公式ホームページ」にて掲載中)
2006年
  • 世界遺産に指定された高野山のある高野町の委嘱により、時を告げるサウンドデザインを手がける。同年、臨床心理学者で当時の文化庁長官であった故 河合隼雄氏と「心の音楽処方箋」というクラシック音楽のCDをプロデュース。この他、イラナ(馬頭琴)、黄姉妹(中国琴)など中国の若手アーティストの育成や、中島啓江(ソプラノ)、幸田さと子(ヴァイオリン)、ジャン・ティン(中国琵琶)など、民族楽器やクラシック系を中心にサウンドプロデュースおよび楽曲提供を精力的に行う。
2008年
  • 二胡奏者のチェン・ミン、ヴァイオリニストの金子飛鳥、ベーシストのバカボン鈴木などトップミュージシャンが参加した自身6枚目となるセルフプロデュースアルバム「そらとうみのあいだ」をリリース。上記他、メジャーレーベルからリリースされた60タイトル以上のCD作品を手がけている。

上田益の最近の主な仕事

2009年
  • 「追悼コンサート~いのりのとき~レクイエム・プロジェクトKOBE vol.1」開催。
  • テレビ東京系列 Lドラ「サギ師リリ子」の音楽を担当。
2008年
  • 東京芸術劇場にて企画コンサート「Pray For Asia~そらとうみのあいだ~」開催。(民族楽器、真言宗の聲明などとのコラボレーションによるサウンドが好評を博す。)
  • CSホームドラマチャンネル開局10周年記念ドラマ「虹への手紙」の音楽を担当。(このドラマはスカパーアワード2008の特別賞を受賞。)
  • かけがえのない“人と地球”のためのサウンドトラック、CDアルバム「そらとうみのあいだ」をリリース。(sotto voceレーベルの企画商品。上田益6枚目のセルフプロデュース・アルバム。)
2007年
  • 日本科学未来館の委嘱により全天周映画「宇宙エレベータ~科学者の夢みる未来~」の音楽を作曲。
  • NHK佐賀放送局のニュース番組「ニュースファイル佐賀」および「肥前路吟行~さがん文芸~」の番組テーマ曲などを作曲。
  • WOWOWドラマ「MBO~マネージメント・バイアウト~」の音楽を担当。
  • フジテレビ:ドラマ「島根の弁護士」の音楽を担当。
2006年
  • 故 河合隼雄監修「心の音楽処方箋」をプロデュース。ヤマハミュージックコミュニケーションズからリリース。
  • 日本クラウンからリリースされたヒーリング・コンピレーションCDアルバム「アジアン・リラックス」に神戸ルミナリエでコーラスを担当しているヴォックス・フマーナが参加。その収録曲2曲のサウンドプロデュース、作曲、編曲を担当。
2005年
  • フジテレビ:ドラマ「1リットルの涙」の音楽を担当。
  • 日本国際博覧会ささしまサテライト事業「ポケパーク」のアトラクション音楽の編曲を担当。
  • 神戸在住のヴァイオリニスト・幸田さと子のCDアルバムをサウンドプロデュースし、編曲を担当
  • 中国内モンゴル出身の女性馬頭琴奏者「イラナ」のデビューアルバムをサウンドプロデュースし、その作曲と編曲を担当。
2004年
  • テレビ朝日:開局45周年記念ドラマ「黒革の手帖」の音楽を担当。
  • テレビ朝日:アニメ「リングにかけろ」の音楽を担当。
  • 中島啓江アルバム「ソング・オブ・ジ・アース~ビューティフル・ソングス・フロム・クラシック~」のサウンドプロデュース、全曲アレンジを担当。
  • 東映アニメーション制作「Re:キューティーハニー」の音楽を担当。
  • キッズステーション:TVアニメ「勇午」の音楽を担当。
2003年
  • フジテレビ系、月曜夜9時のドラマ「東京ラブ・シネマ」の音楽を担当。
  • キッズステーション TVアニメ「なるたる」の音楽を担当。
  • 弦楽四重奏女性ユニット「STELLA」のサウンドプロデュースを担当、2枚のCDアルバムをリリース
  • フジテレビ系「プレミアムステージ」オープニングタイトルの音楽を担当。
2002年
  • NHKみんなのうた「ぶたまんごころ」の作曲・編曲を担当。
  • NHK BS「インド・心の大地」の番組テーマ曲を担当。
  • NHK BS-hi「ハイビジョン絵草紙~幕末ヒーロー伝」の音楽を担当。
  • 5枚目のアルバム「Nadi」をコロムビア・ミュージックエンタテイメントからリリース。