神戸ルミナリエ

神戸の冬の風物詩 ルミナリエそれは被災者の追悼と都市復興のための“音と光のモニュメント”

「神戸ルミナリエ」はイタリアのアートディレクター、ヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサー、今岡寛和氏による“光の彫刻作品”です。
「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気と希望を与えました。現在では、神戸市民の希望を象徴する冬の風物詩として定着しています。

sotto voceの作曲家・上田益(うえだすすむ)は、99年から毎年、この光の彫刻に音楽を提供しています。光と音楽のコラボレーションを実現させた彼の功績は毎年CDアルバムとしてリリースされています。

神戸ルミナリエ

公式ホームページ
神戸ルミナリエの音楽に関するホームページ