レクイエムプロジェクト

“レクイエム・プロジェクト”は作曲家・上田益のライフワークです

sotto voce代表の上田益が「神戸ルミナリエ」の音楽を担当してから10年目となる昨年、長年「神戸ルミナリエ」の音楽を作曲してきた「想い」や「経緯」を踏まえ、阪神淡路大震災から15年目となる2010年に向けて、オリジナルの「レクイエム(=死者のためのミサ曲)」を制作・作曲、そして発表するプロジェクトを起ち上げました。

多くの尊い命が犠牲になり、多大な被害をもたらした「阪神・淡路大震災」。震災の年から毎年神戸に追悼と希望の光を灯してきた「神戸ルミナリエ」。上田益は、期間中その会場でエリアごとに流れる、年ごとのテーマに沿ったオリジナル音楽の作曲を99年から毎年継続して担当しています。

ルミナリエの音楽作曲にあたって彼は、未曾有の惨禍の犠牲になった多くの被災者、そして肉親や知人を失った人々、神戸の復興への努力を続けていらっしゃる多くの方々への想い、そして明るい未来への願いを込め、たんなるBGMとしての音楽とは異なる楽曲を提供し続けています。

昨年2008年までの10年間に彼が作曲した、その追悼のオリジナル音楽(ルネッサンス時代~バロック時代の宗教曲をイメージしたクラシック音楽)は、すでに70曲以上になります。また、震災から10年目にあたる2005年に彼が始めた無料のクラシックコンサート「追悼コンサート いのりのとき ~あの日を忘れない、あなたを忘れない~」は、毎年必ず阪神淡路大震災のあった1月17日に開催されています

また、その開催費用は上田個人が全額を負担し、これまでソリストとして、ソプラノの中島啓江さん、カウンターテナーの横田裕一さんを迎え、ルミナリエの音楽でコーラスを毎年担当しているヴォーカル・アンサンブル「ヴォックス・フマーナ」、ストリングスカルテットの方々やボランティアスタッフなど、たくさんの方々の協力と支援によって運営されています。

プロジェクトに関して

「レクイエムプロジェクト」

「いのちのつながり」を思い、「大切ないのち」を考えるメッセージとして、阪神・淡路大震災の被災地、神戸から始まるプロジェクトです。
詳細はコチラをご覧ください

神戸で始まったプロジェクトは、2年の歳月かけて行われています

実行にあたっては、被災者でもある神戸市民を中心に、その趣旨に賛同していただける一般の方々を対象に合唱団(最終的に約100名を想定)メンバーを昨年6月に公募し、組織しました。現在、中学1年生から79歳の方まで、約80名の幅広い世代のメンバーで組織され、昨年7月から練習を開始しております。

その合唱団の練習成果は「第5回追悼コンサートいのりのとき~レクイエム・プロジェクトvol.1~」(会場:兵庫県立美術館~芸術の館~)の中で、一部分(5曲)を発表する形で行われました。演奏にあたっては声楽ソリストのほか、演奏のクオリティの高さで国内外において定評のある長岡京室内アンサンブル(音楽監督:森悠子)も参加し、ご来場の方々から感動のメッセージが多数寄せられました。

本プロジェクトは来年、2010年1月17日に行う「第6回追悼コンサートいのりのとき~レクイエム・プロジェクトvol.2~」(会場:神戸文化ホール大ホール)において完成初演を迎えます。

なお、本プロジェクトは、神戸淡路大震災の被災者とその遺族のみならず、国内各地、世界中の被災地で失われた尊い命、そして今もなお各地の復興に努力なさっている人々への想いを込めたメッセージとして、震災の記憶を次の世代に語り継ぎ、平和と希望の願いを込めて被災地・神戸から発信するものです。

第6回「追悼コンサート いのりのとき~レクイエム・プロジェクトvol.2~」開催概要
日 時 平成22年1月17日(日)、午後3時開演
会 場 神戸文化ホール大ホール(収容:2000名)
入場料 無料 (要整理券)
出 演 長岡京室内アンサンブルと仲間たち、
追悼コンサートいのりのとき合唱団
上田益ほか
主 催 追悼コンサート「いのりのとき」実行委員会
後 援 兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、神戸市民文化振興財団、
NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、
朝日放送、読売テレビ、毎日放送、在大阪タイ王国総領事館など
(決定分/8月29日現在)

コンサートの詳細はコチラをご覧ください

第6回追悼コンサートいのりのとき「レクイエム・プロジェクト vol.2」 100文字メッセージ募集のお知らせ

本コンサートでは、震災の記憶を風化させることなく、次の世代に語り継ぐことを目的に、 神戸のみならず、国内外の災害被災地への追悼の思いなどをまとめた、100文字メッセージを 募集いたします。

メッセージは、ご自身の被災体験への思い、亡くなられた大切な方へのメッセージなど、追悼やコンサートの趣旨に添った内容であればテーマは自由です。
また、お寄せいただいたメッセージの中から約100編をコンサート当日のプログラムに掲載させていただく他、さらにその中から20編~30編程度を選ばせていただき、コンサートの中で新たに作曲する追悼音楽を背景に朗読させていただく予定です。
(朗読は関西のテレビ局アナウンサー、フリーアナウンサーなどを予定しています)

レクイエム・プロジェクト 追悼の100文字メッセージ募集中!

本年開催「第5回追悼コンサート いのりのとき~レクイエム・プロジェクトvol.1~」の実施概要は下記のとおりです。

開催日時 平成21年1月17日 午後2時半開演
会 場 兵庫県立美術館~芸術の館~ギャラリー棟3Fギャラリー
入場料 無料 (整理券方式)
参加者数
プロ演奏家 長岡京室内アンサンブルほか  30名
いのりのとき合唱団  75名
音響、受付け、誘導などボランティアスタッフ  18名
計123名
入場者数 520名 (500名予定のところ)

第5回追悼コンサートいのりのときコンサート記録